043-307-8072
対応時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

相続時精算課税制度 とは/しおかぜ法律事務所

しおかぜ法律事務所 > 相続に関するキーワード > 相続時精算課税制度 とは

相続時精算課税制度 とは

  • 相続の流れ

    「相続」とは、死亡した方と一定の身分関係にある人などに故人の財産が移転することです。死亡した人を被相続人、相続する人を相続人と呼びます。 被相続人が亡くなってから7日以内に死亡届を市区町村役場に、医師の作成する死亡診断書を添付して提出します。死亡届を提出しないと、火葬の許可が下りませんので、早めに行う必要がありま...

  • 相続財産調査・相続人調査

    相続財産とは、故人の財産に属した現金や銀行預金、不動産や株式など相続すれば財産上プラスとなる積極的な財産上の地位だけではなく、未払金やローン、借金など相続すれば財産上マイナスとなる消極的な財産上の地位を含めたものをいいます。 万が一、被相続人の未払金やローン、借金などの消極的な財産が現金や銀行預金、不動産や株式な...

  • 遺産分割協議の作成

    そのため、遺産分割協議書を作成することは義務ではありませんが、作成した方がスムーズに手続きが進みますので、作成するのが良いでしょう。 遺産分割協議書は、銀行預金などの名義変更や不動産の相続登記をする際に必要となります。また、相続税の配偶者の税額控除を受ける場合の添付資料となります。 遺産分割協議書の作成目的は上述...

  • 法定相続分・遺留分・寄与分・みなし相続財産

    なお、寄与分が認められるのは相続人のみで、相続人でない者は被相続人の財産形成に寄与したとしても、寄与分を受け取ることはできません。寄与分の額は相続人全員が参加する遺産分割協議で決定します。協議が成立しないときは、家庭裁判所に調停や審判を申し立てることとなります。 ■みなし相続財産被相続人の死によって、生命保険金や...

  • 遺言とは

    手間や費用がかかりますが、形式など遺言書の不備で無効となってしまうことはありません。また、原本は公証役場に保管されるので偽造や紛失などのおそれもありません。 ■秘密証書遺言秘密証書遺言は、遺言者が遺言を作成し、封印したものを証人二人以上の立会いの下、公証人に提出し、遺言の存在を証明してもらうことを目的として行われ...

  • 相続に関する相談を弁護士に相談するメリット

    また、相続争いなどを避けるために、法律の専門家である弁護士に相談をすることは有効です。 また、弁護士は依頼者の最大の味方です。そのため、依頼者の相談に親身に答え、寄り添うことができます。また、法律の知識を活用することで、依頼者にとって最適なご提案をすることもできます。また、弁護士が相続争いの場に登場することで、客...

  • 強制回収

    借金をなかなか返済しない相手に対し、強制力をもって債権の回収をしたいと思ったとき、債権者みずからが力尽くで相手に支払いを強制することはできないため、裁判所の手を借りることになります。強制執行手続です。 強制執行にはまず、自分の権利を公的に証明するものが必要となります。それが債務名義と呼ばれるものです。債務名義は、...

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    とはいえ、債務者が交渉をしても支払いに応じるとは限りません。その場合を踏まえ、交渉過程を残した書面をはじめ、公正証書の作成、可能であれば抵当権の設定や連帯保証人の確保なども行います。このように、強制執行を見越した手続きをとることで、強制力をもったよりスピーディーな解決を図ることができます。 債務者との交渉がまとま...

  • 建物明け渡し・立ち退き

    具体的に表すと、例えば一ヵ月程度の家賃滞納では、いまだ信頼関係が破壊されたとは考えられていません。賃貸借契約解除と建物明け渡し請求を行うためには、最低でも3か月~6か月程度の家賃滞納が必要とされています。 相手方が家賃の滞納をしたら、いきなり訴訟を起こすのではなく、まずは直接交渉や電話で現状確認を行います。もし、...

  • 借地権

    借地権とは、建物所有を目的とする地上権及び土地の賃借権に関する権利のことを言います。賃貸借に関する規定は民法にも存在しますが、それだけでは賃借人の保護が十分になされていなかったため、建物所有を目的とする地上権および賃借権に関しては「借地借家法(新法)」の規定に沿って処理されることになります。 借地権を利用するメリ...

  • 欠陥住宅

    欠陥住宅とは、一般的に建物において重要となる構造部分や使用機能に瑕疵(傷の事)のある住宅の事を指します。実はこの欠陥住宅に関しては、明確な法律の定義は存在しません。そのため、しばしば業者との間で「これは欠陥住宅に当たる・当たらない」といった紛争が生じてしまいます。たとえば、新築住宅のフローリングの傷といった軽微な...

  • 近隣トラブル

    昨今では、バーベキューを楽しんでいた家族が「音がうるさい」などの仕返しにより殺害されてしまった事件も記憶に新しくあり、ささいな隣人トラブルがこのような重大事件に発展してしまう可能性も0とは言い切れない時代になりました。隣人トラブルの代表例として最も多いのは、「振動・騒音」トラブルが挙げられます。「隣人の子供の声が...

  • 騒音・振動

    なお、「騒音規制法」という法律が存在しますが、これの対象となる騒音とは工事現場において生じるものや、特定建設物の騒音を防止することを目的としているため、アパートの隣人間に適用される訳ではありません。したがって、隣人間の騒音を厳格に取り締まる法律は未だ存在しないと言えます。地方自治体においては騒音を取り締まる条例も...

  • 土地の境界線

    土地の境界線を確定しておくことは非常に大切です。もし仮に、土地の境界線が曖昧なままで建物を建築してしまうと、結果としてその建物が他人の土地に跨ることとなり、隣地トラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。したがって、自分の土地の範囲が「どこからどこまで」存在するかといった事柄は、最低限把握しておく必要があります。...

  • 任意売却

    抵当権とは、銀行からお金を借りている債務者が、計画通りに返済を行うことが出来ない債務不履行の状況に陥った場合に、土地や建物を担保とする権利を言います。ただ多くの場合、返済不能な状況で金融機関への一括返済を行うことは不可能であるため、金融機関は担保を設定した不動産を差し押さえ、その後強制的にローンが設定されていた家...

  • 不動産に関するご相談はしおかぜ法律事務所にご相談ください

    とはいえ、あまり法律になじみがない方にとっては、このような制度を知らないと言った方や、制度を有効に使いこなせないケースがあるかもしれません。また、不動産を借りたり貸したりする「不動産賃貸借契約」は、不動産売買契約よりも身近に存在する契約形態の1つです。そして身近であるが故に、頻繁に不動産トラブルも生じてしまう可能...

  • いすみ市で弁護士をお探しの方へ初回法律相談1時間5000円(税別)

    遺留分の減殺請求とは、遺言書の効力などにより遺産を受け取ることができない人が、民法で定められた分の「遺留分」の遺産を受け取れるようにする手続きのことをさします。亡くなった方が遺された遺言が、他人に全財産を譲るというような内容であった場合に、用いる手続きです。相続放棄とは、遺産を相続することについて放棄することをさ...

  • 遺言書の保管と検認

    検認とは、遺言書の方式についての状態を確定し、現在の状態を明確にする為の手続です。遺言書の効力には関係せず、あくまでも遺言書の状態を保全し、偽造や改ざんを防ぐことができます。検認の方法については、遺言者の死後、遺言書の保管者は速やかに遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して、遺言書検認の申し立てを行う必要...

  • 強制退去の流れ

    強制退去とは、賃貸人が、建物を貸している賃借人の賃料不払いなどを理由に、裁判で建物明け渡し請求を行い、勝訴を受けることで強制的に賃借人を建物から退去させることです。ここでは、強制退去の流れについて説明します。 ■強制退去を行う条件まず、賃借人を強制退去させるには、賃貸借契約を解除しないといけません。「賃貸人との信...

当事務所が提供する基礎知識

  • 賃料・家賃交渉

    不動産賃貸借契約において、賃料や管理費などの事項は、賃借人と賃貸人の利益が相反するものであるため、場合によっては当事者間...

  • 立ち退き問題を裁判で解決...

    物件から賃借人が自ら退去せず、当事者間の任意の交渉や督促も不調に終わった場合、訴訟によって強制的に立ち退きを求めるという...

  • 任意売却

    不動産を担保にお金を借り入れた人が返済不可能な状況に陥った場合、債権者である銀行などの金融機関は、抵当権などにより残った...

  • 遺言書の保管と検認

    ■遺言書の保管について遺言書の保管場所と方法は、遺言書の種類によって異なります。遺言書が効力を発するのは遺言者の死後であ...

  • 土地の境界線

    土地の境界線を確定しておくことは非常に大切です。もし仮に、土地の境界線が曖昧なままで建物を建築してしまうと、結果としてそ...

  • 任意回収とは

    返済されない借金を回収したい場合、裁判所を通した強制回収ではなく、裁判所を介さずに相手方に支払を請求する手段を選ぶことも...

  • 遺言とは

    人が亡くなると相続が発生します。遺された家族が、自分の財産で相続争いを繰り広げるのは避けたいことです。遺言を活用すること...

  • 遺産分割協議の作成

    遺産分割が合意に至ったら、遺産分割協議書を作成することとなります。遺産分割協議書は、遺産分割協議で決定した内容を証明する...

  • 強制回収

    借金をなかなか返済しない相手に対し、強制力をもって債権の回収をしたいと思ったとき、債権者みずからが力尽くで相手に支払いを...

  • 法定相続分・遺留分・寄与...

    ■法定相続分故人の遺言などがない場合、補充的に作用するのが法定相続分です。民法では、故人と一定の身分関係のある人にそれぞ...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

代表弁護士
山口 海(やまぐち かい)
所属団体
千葉県弁護士会所属
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

当事務所は千葉県を中心に茨城県、埼玉県にお住まいの方から相続、債権回収、不動産などの法律相談を承っています。お客様のお話しを丁寧にお伺いし、最善の解決方法を提案できるよう心がけております。

弁護士への相談を最終手段と考えず、法律問題の早期解決のために早めにご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

事務所概要

名称 しおかぜ法律事務所
所属 千葉県弁護士会
代表者 山口 海
所在地 〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4-10-16 CI-22ビル304
電話番号/FAX番号 TEL:043-307-8072 / FAX:043-307-8073
対応時間 10:00~18:00
定休日 土・日・祝日

ページトップへ