043-307-8072
対応時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

賃借人が家賃を滞納したまま引っ越してしまった場合の対処法/しおかぜ法律事務所

しおかぜ法律事務所 > 不動産トラブル > 賃借人が家賃を滞納したまま引っ越してしまった場合の対処法

賃借人が家賃を滞納したまま引っ越してしまった場合の対処法

賃借人が賃料の支払いを滞納したまま、借りている家から引っ越しをした場合、賃貸人としては、未払い分の賃料の支払い、遅延損害金の支払い(合意がある場合には、合意の利率に従い、合意がない場合には法定利率3パーセント)、賃貸借契約の解除と目的不動産の明渡しを要求することが考えられます。

 

このページでは、賃借人が賃料の支払いを滞納したまま引っ越しをした場合における、賃貸人の対処法についてご紹介いたします。

 

◆賃借人に対する支払いの督促

 

賃借人の引っ越し先がわかる場合や、連絡が可能な場合には、まず賃借人に未払いの賃料の支払いをするよう督促を行います。滞納理由や、支払いの意思(契約継続の意思)、支払期限を確認します。

 

もっとも、音信不通の場合には、賃借人に督促を行うことができません。そこで、以下の手段をとることになります。

 

◆連帯保証人に対する支払い督促

 

連帯保証人は、賃借人と同様の責任を負うため、連帯保証人に対しても金銭の支払いを求めることができます。

 

また、連帯保証人に、賃借人と連絡をとり、支払いを促してもらうことを依頼することが考えられます。今後支払う意思・賃貸借契約を継続させる意思があるのかを確認する必要があります。なぜなら、連帯保証人は賃貸人と保証契約を締結しているにすぎず、賃貸借契約を解除する権利を有しないからです。

 

賃料や遅延損害金について、賃借人に支払い能力がない場合には、連帯保証人に支払いを求めることになります。

 

◆内容証明郵便で支払い督促

 

賃料の支払いがない場合、内容証明郵便を用いて、賃料の支払いを督促する必要があります。
なぜなら、解除等の法的手段をとる場合、賃料が未払いであること、また、督促をいつおこなったかを証明する必要があるからです。

 

内容証明郵便とは、「誰が、誰に対して、どのような内容の郵便物を、いつ送ったか」を証明することができる郵便をいいます。

 

内容証明郵便は、相手の住所・氏名がわからなければ送ることができません。つまり、引っ越し先がわからなければ、内容証明を引っ越し先に郵便することができないことになります。

 

この点、通常、転出届・転入届の手続が行われており、住民票の取得によって転居先がわかるため、住所を知ることができます。
「自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために住民票の記載事項を確認する必要がある者」は「当該住民票の写し又は住民票記載事項証明書(の)交付」を受けることができる(住民基本台帳法12条の3第1項)とされています。

 

そのほか、勤務先がわかっている場合、勤務先に送付することができます。
現住所も勤務先も判明しないような場合には、公示送達を行うことができる場合があります。

 

◆訴訟の提起

 

内容証明郵便で賃料の支払いを催促したにもかかわらず、賃料を支払わないような場合には、未払い賃料および、遅延損害金の支払い請求・建物の明け渡し請求を求めて訴訟を提起することが考えられます。

 

訴状の送達についても、上と同様の手段で行うことができます。

 

請求する金額が60万円以下の場合には、審理が1回で判決の言い渡しを受けることができる、少額訴訟を利用することができます。

 

◆やってはいけないこと

 

無断で室内に立ち入ることはできません。

 

住居権者である借主に断りなく部屋に立ち入ることは、住居侵入罪(刑法130条)に問われることがあります。

 

上記手続きを経て、適法に未払い賃金の支払い、明け渡しを受けましょう。

 

しおかぜ法律事務所は千葉市・鴨川市・山武市・いずみ市を中心に、東京都、千葉県などにお住いの方から、不動産トラブルに関するご相談を承っております。不動産問題のほか、相続・遺言関係や債権回収問題を扱っております。不動産トラブルでお困りの方は、お気軽にご相談ください。ご相談者さまのニーズや状況に合わせたご提案をいたします。

当事務所が提供する基礎知識

  • 近隣トラブル

    近隣トラブルは、都市や地方を問わずどこでも発生しうる問題です。昨今では、バーベキューを楽しんでいた家族が「音がうるさい」...

  • 借地権

    借地権とは、建物所有を目的とする地上権及び土地の賃借権に関する権利のことを言います。賃貸借に関する規定は民法にも存在しま...

  • 土地の境界線

    土地の境界線を確定しておくことは非常に大切です。もし仮に、土地の境界線が曖昧なままで建物を建築してしまうと、結果としてそ...

  • 債権回収における仮差押え...

    民事訴訟は相当程度の時間を費やすため、その間に権利実現が不能または著しく困難になるリスクを伴います。そこで、権利者の権利...

  • いすみ市で弁護士をお探し...

    「再婚した親で血縁関係のない方が亡くなったが、私には遺産を相続する権利があるのだろうか。」「隣人から嫌がらせを受けており...

  • 法定相続分・遺留分・寄与...

    ■法定相続分故人の遺言などがない場合、補充的に作用するのが法定相続分です。民法では、故人と一定の身分関係のある人にそれぞ...

  • 不動産に関するご相談はし...

    不動産は私たちが生きていく上で欠かせない物です。これは動産と比較しても資産価値は高いため、不動産を巡るトラブルは様々なも...

  • 代襲相続とは

    代襲相続とは、被相続人より先に相続人が死亡している場合に、相続人の子供が相続人となることをいいます。例えば、親よりも先に...

  • 遺産分割協議の作成

    遺産分割が合意に至ったら、遺産分割協議書を作成することとなります。遺産分割協議書は、遺産分割協議で決定した内容を証明する...

  • 訴訟(仮差押・仮処分)

    貸したお金、家賃、賃金などが支払われない場合、強制的にでも債権を回収するには、訴訟を起こし、その判決に基づいて財産の差押...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

代表弁護士
山口 海(やまぐち かい)
所属団体
千葉県弁護士会所属
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

当事務所は千葉県を中心に茨城県、埼玉県にお住まいの方から相続、債権回収、不動産などの法律相談を承っています。お客様のお話しを丁寧にお伺いし、最善の解決方法を提案できるよう心がけております。

弁護士への相談を最終手段と考えず、法律問題の早期解決のために早めにご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

事務所概要

名称 しおかぜ法律事務所
所属 千葉県弁護士会
代表者 山口 海
所在地 〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4-10-16 CI-22ビル304
電話番号/FAX番号 TEL:043-307-8072 / FAX:043-307-8073
対応時間 10:00~18:00
定休日 土・日・祝日

ページトップへ