043-307-8072
対応時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝日

債権回収における仮差押えと仮処分の違い|手続きの流れも併せて解説/しおかぜ法律事務所

しおかぜ法律事務所 > 債権回収 > 債権回収における仮差押えと仮処分の違い|手続きの流れも併せて解説

債権回収における仮差押えと仮処分の違い|手続きの流れも併せて解説

民事訴訟は相当程度の時間を費やすため、その間に権利実現が不能または著しく困難になるリスクを伴います。そこで、権利者の権利の実現を保護するための制度が必要となり、設けられたのが民事保全制度です。

 

このページでは、民事保全の内容である、仮差押え、仮処分の特徴と違い、手続きの流れをご紹介いたします。

 

◆仮差押え

 

・仮差押えとは

 

仮差押えは、「金銭債権」の実現を保全するため民事保全制度です。
仮差押えは、債務者の責任財産(不動産・動産・債権)を仮に差押えて、その処分権を剥奪することを目的とします。
仮差押えをうけると、責任財産の処分が禁止され、これに反する処分行為は、債権の実現である本執行との関係で、その効力が否定されます

 

◆仮処分

 

・仮処分とは

 

仮処分には、「係争物に関する仮処分」と、「仮の地位を定める仮処分」の2種類があります。

 

係争物に関する仮処分とは、「非金銭債権」の権利実現の保全を目的とする民事保全制度のことをいいます。
係争物に関する仮処分を受けると、係争物(訴訟において争いの目的となっている物)の占有の移転や、処分が禁止されます。
前者を占有移転禁止の仮処分、後者を処分禁止の仮処分といいます。

 

仮の地位を定める仮処分とは、裁判で争っている間に著しい損害を被るような場合に、仮に本案訴訟で求める権利関係の内容に沿うような法的状態を定める民事保全制度をいいます。

 

◆仮差押えと仮処分の違い

 

仮差押えは、「金銭債権」の保全を目的とする一方で、仮処分は、「非金銭債権」の保全を目的としています。
このように、両保全制度の違いは、保全債権の種類にあります。

 

◆仮差押え・仮処分の要件と流れ

 

・民事保全の要件は、①被保全債権(権利)と、②仮差押え・仮処分の必要性です。

 

上述のように、①被保全債権(権利)は、仮差押えの場合は金銭債権、仮処分の場合は非金銭債権である必要があります。

 

②仮差押えの必要性があるといえるためには、強制執行をすることができなくなるおそれがある、又は、強制執行をするのに著しい困難を生じるおそれがあることが必要となります。

 

②係争物に関する仮処分の必要性があるといえるためには、権利実行をすることができなくなるおそれがある、又は、権利を実行するのに著しい困難を生じるおそれがあることが必要となります。

 

②仮の地位を定める仮処分の必要性があるといえるためには、債権者に生じる著しい損害又は、急迫の危険を避けるために必要であることが必要となります。

 

・仮差押え・仮処分の流れは大きく変わらず、以下のようになります。

 

1 裁判所に申立て
2 裁判所による審理
3 担保金の支払い
4 仮差押え・仮処分命令

 

1 裁判所に申立て

 

申立書や、保全の必要性を裁判所に疎明(一応確からしいと推測できるようにすること)に必要な資料等の提出をすることで、保全の手続が始まります。

 

2 裁判所による審理

 

申立書が受理されると期日に審尋(裁判官との面談)が開かれます。互いの主張が行われます。

 

3 担保金の支払い

 

審理により、民事保全が認められた場合、担保として保証金の支払いが必要となります。これは、違法・不当な民事保全等によって債務者に損害が生じた場合に損害を賠償するものです。
問題なく手続きが進行すれば、保証金は債権者へ戻ってきます。

 

担保の額は、民事保全の対象となる財産の価格の2,3割が目安となります。

 

4 仮差押え・仮処分命令の発令

 

民事保全の要件を満たしていると裁判所が判断すると、仮差押え・仮処分命令が発令されます。

 

先に法務局や金融機関等へ通知がなされ、その後に債務者に届きます。これは、先に債務者に届き、財産を処分されることを防ぐために行われます。

 

しおかぜ法律事務所は千葉市・鴨川市・山武市・いずみ市を中心に、東京都、千葉県などにお住いの方から、相続・遺言書に関するご相談を承っております。相続問題のほか、不動産トラブルや債権回収問題を扱っております。相続問題にお困りの方は、お気軽にご相談ください。ご相談者さまのニーズや状況に合わせたご提案をいたします。

当事務所が提供する基礎知識

  • 納得できない遺言書を無効...

    遺言書に納得がいかない場合、その遺言書を無効にするための方法についてご紹介します。 まず、自筆証書遺言が無効に...

  • 兄弟でまとめて相続放棄は...

    兄弟まとめて相続放棄をすることは可能なのでしょうか。結論から言うと、可能になります。そもそも相続放棄とはどのような制度で...

  • 賃借人が家賃を滞納したま...

    賃借人が賃料の支払いを滞納したまま、借りている家から引っ越しをした場合、賃貸人としては、未払い分の賃料の支払い、遅延損害...

  • 相続人が未成年の場合

    遺産相続において、未成年者が相続人になった場合に、何が問題になるのでしょうか。この問いは、そもそも法律上未成年者はどのよ...

  • 借地権

    借地権とは、建物所有を目的とする地上権及び土地の賃借権に関する権利のことを言います。賃貸借に関する規定は民法にも存在しま...

  • 千葉市の相続トラブルは弁...

    相続によって生じる問題は煩雑で解決が難しい問題も多いです。遺産をどう分配するかで揉めて決着がつかない、財産が散逸しており...

  • 支払督促の手続きや流れ

    支払督促は以下の流れで行われていきます。 ■支払督促の申立てまず第1に、債務者の住所を管轄する「簡易裁判所」に...

  • 債権回収会社(サービサー...

    独力で債権回収をすることが困難な場合、弁護士やサービサーを利用することで問題解決を図ることができます。弁護士は法律の専門...

  • 代襲相続と相続放棄の関係...

    代襲相続とは、相続人が被相続人より早く死亡した場合や、相続人に欠格事由、廃除があった場合に、相続人の子が相続人に代わり相...

  • 任意回収とは

    返済されない借金を回収したい場合、裁判所を通した強制回収ではなく、裁判所を介さずに相手方に支払を請求する手段を選ぶことも...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

代表弁護士
山口 海(やまぐち かい)
所属団体
千葉県弁護士会所属
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

当事務所は千葉県を中心に茨城県、埼玉県にお住まいの方から相続、債権回収、不動産などの法律相談を承っています。お客様のお話しを丁寧にお伺いし、最善の解決方法を提案できるよう心がけております。

弁護士への相談を最終手段と考えず、法律問題の早期解決のために早めにご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

事務所概要

名称 しおかぜ法律事務所
所属 千葉県弁護士会
代表者 山口 海
所在地 〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4-10-16 CI-22ビル304
電話番号/FAX番号 TEL:043-307-8072 / FAX:043-307-8073
対応時間 10:00~18:00
定休日 土・日・祝日

ページトップへ